ルパン三世(10)を見てみる。

御存じルパン三世が巻き起こす痛快アクション巨編。
世界をまたにかけてルパンが次々とエモノに挑む!「対20面相(その2)」「無色透明(その1.2)」「吸血(その1.2)」「ラスプーチン(その1.2.3)」「いただき〜ッ」他収録。
御存じルパン三世が巻き起こす痛快アクション巨編。
世界をまたにかけてルパンが次々とエモノに挑む!「宝がザクザク(その1.2)」「マジック・ビン」「名画いただき〜ッ」「ジキル・ルパンとハイド・ルパン(その1.2)」「両面まち!(その1.2)」他収録。
日露戦争に従軍して帰国した花袋は、故郷に近い羽生で新しい墓標を見つける。
それは結核を病んで死んだ一青年のものであった。
多感な青年が貧しさ故に進学できず、代用教員となって空しく埋もれてしまったことに限りない哀愁を感じ、残された日記をもとに、関東の風物を背景にして『田舎教師』を書き上げた。
日本の近代詩の出発点となった島崎藤村の詩は、近代日本の自覚期ともいうべき歴史的青春と、詩人および人間としての人生の青春と、詩の文芸ジャンルとしての若さとが相まって生み出された比類のない青春文学である。
『若菜集』『一葉舟』『夏草』『落梅集』などより自選。
各詩集初版本目次と校異を付す。
旧社会において極度に卑められた部落民出身の小学教員丑松が父の戒めを破り、公衆の前に自らの素姓を告白するまでの激しい苦悩の過程を描く。
四民平等は名目だけの明治文明に対する鋭い批判を含み、丑松の苦悩を通し日本の悲劇をえぐり出した本篇こそ、真に近代日本文学史上最高の記念碑といえよう。
初版本による。
続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60000298