いっしょけんめいハジメくん(9)の解説

ゴルフ経験の全くないハジメが、何の因果か、ゴルフ接待をすることになった。
しかも相手は銀行の頭取。
融資依頼の事前工作が目的だったが、先方がわざわざハジメを指名してきたのだった。
ハジメはレッスンプロの山上と猛特訓するが、本番では、頭取のお供の支店長の意地悪に遭っててんてこまい。
ハジメに新ライバル出現!? 取引先の会社経営者の頼みで、その経営者の孫が大手商事に見習いとして入社することになり、ハジメが教育係となった。
ところがその若者・杉田は、二枚目で人当たりがよく、運動神経も抜群。
たちまち社内の人気者になる。
その上仕事で新しい契約まで取り付けてしまう。
杉田の活躍を見てハジメはショックを受けるが・・。
同僚の縁談を後押ししたばかりに、人違いでスキャンダル騒動に巻き込まれるハメになったハジメ。
お陰で取引先から敬遠され、社内でも仕事を干されてしまう。
そんなハジメに近づいてきた集団がいた。
過去にスキャンダルを起こした人間ばかりが集められた営業13課の面々だ。
彼らは社内のスキャンダルをネタにゆすりを行う者たちだった・・。
社長と社主の間を取り持ち、原油取引も大成功。
東京本社に戻ったハジメを多くの社員が大歓迎で迎えた。
めぐみとの結婚式も社を挙げての大行事に。
首相を始めとする政財界の大物も出席する大掛かりなイベントとなるはずだったが、式を直前に控え、社内に不穏な空気が漂う。
未曾有の石油ショックが大手商事を揺るがしていた・・。
大手商事が根津忠商事に吸収合併されることになった。
新しくハジメたちの上司になったのは「カミソリのお竜」との異名を持つ敏腕女性部長、岩下。
彼女はハジメに旧大手商事社員を監視するスパイになるよう命じる。
一方でハジメは世話になった山川課長から、会社を辞めて旧大手社員と一緒に新会社を立ち上げる計画を聞かされる。
続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60005313