アタゴオルは猫の森(2)を見てみる。

雨の唄を即興で唄うと、傘が人を選ぶ傘屋さん。
ヒデヨシが手にした最高の傘って?(「雨の尾ッポ」)金貨五枚の報酬のため、危険を省みずヒデヨシは花粉取りに挑戦!(「望メバ・スベテ」)年越しに欠かせない金の実。
大晦日にはカマクラを造って新年を迎えます(「金の実」)など、初夏から冬にかけてアタゴオルを綴った8編と、あとがき「アタゴオル余波2」をお届けします。
アタゴオルにそびえる鳥霧山に噴火の前兆が! みんなの不安を尻目にひとり浮かれるヒデヨシ、そこに噴火の日時を予知する少年が現われた!(「噴キマショウ」)人々を襲う謎の病気、その名も“突発性ヒデヨシ病”の発生源はヒデヨシではないのか?(「境目」)他、「嵐ノ中ニ居マス」など8編と作者による解説「アタゴオル余波3」をお届けします。
お金もちのゼッキ八世が所有する古代の笛はどんな名手でも音を出すことが出来ない。
でもギルバルスならば吹けるかもしれない。
(「銀宮ノ笛」)コン・コンと扉を叩く音がするが、開けてみると誰も居ない。
そんなイタズラをするのはやっぱりヒデヨシ?(「コン・コン」)他、「テルウテ1〜5」など8編に、作者によるそれぞれの話の解説『アタゴオル余波4』を収録。
ヒデヨシの即興詩? から始まった絶対鉱物<テルウテ>騒動。
ギリムリアに乗り込んだヒデヨシ、ツキミ姫、時王らアタゴオルの仲間達と脈旅団との争奪戦にギルバルスも参加する中、いよいよテルウテが姿を現した! その秘めたる力とは? その力を御する“王”とはヒデヨシのことなのか? ギリムリアの暴君・万動元師が動いたとき、巨大な怪物、溶岩幽霊堂<パンキライヤ>が街を襲う! 「テルウテ6〜12」など8編に、作者による解説『アタゴオル余波5』を収録。
音楽家なら誰もが憧れる鯛舞台、そこでの演奏を頼まれた唐あげ丸だが、意気揚々と出向いた一行を待ち受けていたのは……「THE BAND」。
アタゴオルに湧く温泉は難病に効く、その秘密とは「ハカイノミナモト」。
遠く銀しぶき海のホオズキ島からヒデヨシに幼稚園の園長の依頼が! そんな無謀な話ってあるの? 「ホオズキ」など8編に、当時の思い出や近況報告なんかがごちゃ混ぜの作者による個別解説『アタゴオル余波6』をあわせてお届けします。
続きはこちらから⇒ttp://www.ebookjapan.jp/shop/book.asp?sku=60018331